乾燥肌の肌がかゆい



超敏感肌の改善!保湿と洗顔でモチモチ肌!アラフォー版


乾燥肌でかゆみがあるのは厄介。老化原因になります

保湿に余念のない女性

乾燥肌で痒みがある場合は、まずお肌を刺激しないように気をつけます。そして“美容成分”をしっかりと与えることをはじめにしましょう。

お肌が水分を上手に吸い取れるように、定期的に美容パックなんかも有効です。
例え丁寧なパックじゃなくても、手持ちの化粧水や美容液でもティシュやコットンに染み込ませてラップで覆う方法で、即席のパックなんかでも乾燥対策としては十分良いと思います。

もちろん、この時に洗顔をしてから行うことが大切です。
洗顔は泡洗顔でゴシゴシとこすらず、お湯の温度も26℃から28℃ぐらいで洗顔をしたほうが良いです。

化粧水でパックができたら、乳液で蓋をしてうるおいを閉じ込めます。
お肌に取り入れた水分が出て行かないようにしっかりと蓋をして乾燥からお肌を守ります。乳液後に美容クリームなどがあれば使用すると良いです。

また、パックは手持ちの化粧水を染み込ませてつかうパック専用のローションシートも販売されています。
最初から美容液が染み込んだパックよりこちらの方が経済的かもしれません。
シートを肌に乗せて更にラップを使用することによって化粧水のお肌への浸透率が更に上がります。

お肌の乾燥は、しわや肌のごわつきにより、フケて見えたりしてしまいますし、実際、乾燥肌は肌年齢がかなり上がってしまいます。
また、乾燥から肌を守るために皮脂が過剰に分泌してしまい、脂性肌になり、毛穴が詰まった状態が続くと肌のくすみやニキビや吹き出物の原因にもなります。

乾燥しているなとおもったら、上記のケア方法でお肌の老化を予防しましょう。